なんでファリネで手汗が止まる?効果のメカニズムを解説!

なんでファリネで手汗が止まる?他との違いや効果解説!

 

ファリネは手汗専用のデオドラント、ということで他とは違った対策をしています。
他の制汗剤じゃダメなの?という人はしっかり見ておいてください!

 

手汗特有の割合

手汗とわき汗や片田から出る汗。
なにか違うと感じたことはないですか?

 

その違いの一つが匂いです。
わきからの汗はにおいが強いのに手汗がにおう、ということはほとんどありませんよね。
主にそのべたべたが気になってるはずです。

 

それには同じ汗でも種類の違いがあったからなんです。

 

 

手汗はこのアポクリン線、エクリン腺農地のエクリン腺が集中する部位なんです。
逆に脇はアポクリン線が多めにあります。

 

  • エクリン腺⇒運動時に出るような流れ出る汗
  • アポクリン線⇒ねっとりとしたにおいのもとになる汗

 

こんな違いがるので状態にも違いが出てくるんですね。
ファリネはこのエクリン腺の汗用に対策をしているのがまず他と違うポイントであることを理解してください。

 

ナノイオンでブロック!

このエクリン腺からの汗を止めるためにファリネはナノイオン微粒子を使いました。

 

 

上の画像の左がファリネを使った直後。右がしみ込んで汗腺をナノイオンがブロックした状態です。
ナノイオンはその名の通りなのサイズに小さい分子。
これが通常では届かない匂い分子、汗腺の隙間に入り込んで吸着&ブロック!

 

この分子たちは汗に反応して拡散する特性があるのでさーっと手のひら全体にすぐ拡散していくんです。
この拡散効果もあわさってすぐに汗の出を抑制してくれるんですね。

 

即効性が非常に高い!

このファリネのもう一つの特徴として効果が出始める速度がすごい早いこと。
ファリネはクリームではなくパウダー状なのですぐに手のひらを伝って全体に広がります。
その点の拡散効果はうえでも話しましたね。

 

ナノイオンということでしみ込み漏れが出るということもないんです。

 

 

手のしわ、ちょっとした汚れなどに邪魔されずにすぐにしみこんでいくんです。
汗を止めたい場合って急にに来るときもありますよね。
そんな時に効果が出始めるまで数十分待ってる時間はありません。

 

まとめ

 

手汗の原因であるエクリン腺に絞って対策
即効性が非常に高い

 

他の部位用の制汗剤やクリームを使ってる人はなかなか効果は出てこないんじゃないでしょうか。
手汗専用のものを使う価値は十分にあると思いますよ。